在校生およびその保護者の方へ

在校生およびその保護者の方へ

インフルエンザ等の感染による出席停止について

以下の感染症は学校保健安全法第19条の規定により、この期間は欠席扱いになりませんので、お含みのうえ治療に専念してください。
なお、感染症が治癒して登校する際には、医師の診断と許可が必要になりますので、担当医により下記の「治癒証明書」に記入していただき、担任まで提出してください。

第一種 エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎(ポリオ)、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(病原体がコロナウイルス属SARSコロナウイルスであるものに限る。)、鳥インフルエンザ(病原体がインフルエンザウイルスA属インフルエンザAウイルスであってその血清亜型がH5N1であるものに限る。)
第二種 インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1)を除く。)、百日咳、麻疹(はしか)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、風疹(三日ばしか)、水痘(水ぼうそう)、咽頭結膜熱(プール熱)、結核、髄膜炎菌性髄膜炎
第三種 コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎、その他の感染症

非営利団体が設立・運営する公立に近い学校です。

本校は、「愛知県美容業生活衛生同業組合」が設立・運営している学校です。
同組合は各都道府県に一団体ずつ認可されており、愛知県でこの組合に約4,000店もの美容所が加入しています。
こうした団体が運営しているからこその安心と、業界直結の万全なサポート体制で生徒をバックアップしています。

知識の幅が広がる「トータルスタディー制」を導入しています。

本校では、昼間課程に在籍するすべての生徒がヘア、メイク、ネイル、エステ、着付け、まつエクなど、あらゆる技術・知識を身につけられるトータルスタディー制に加え自分で好きな実技を選び、技術・資格を取得し、顧客のニーズに幅広く対応できる力を養成します。
ビューティーアドバイザーとしての幅広い知識と多彩な技術は、就職してから様々な現場で活かすことができます。

プロが使用する最新機器、学びやすい教育環境。
新名古屋校舎が2018年4月完成
岡崎校も2017年11月 全館リニューアル

本気で美容を学べる施設で未来のプロフェッショナルを育成します。
2018年竣工の新校舎には最新の美容設備が設置されるなど、これまで以上の学習環境が整いました。
美容組合立の専門学校として積み重ねられてきた中美の歴史は、新名古屋校舎によって未来へと受け継がれます。

美容師国家試験を重視します。

本校は、創立以来、美容師国家試験において高い合格率を残してきました。
美容業界からも一定の評価をいただき、毎年7倍を超える求人倍率を維持しています。
中部美容専門学校は入学時のスキルを問題にしていません。美容業界で働きたいという強い意志を持つ生徒をあたたかく迎え、全力でサポートしていきます。